診療時間

スポーツ外傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院でレントゲン検査をして異常なしと言われたけどやっぱり痛い
  • スポーツを休んでいると痛くないのにまた始めると痛くなる
  • 大事な大会が近くなんとかして出場したい
  • テーピングをネットで調べたが沢山ありすぎてどれが良いのかわからない

なぜスポーツ外傷が発生するのか?|とうよせいこついん

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ外傷を放置するとどのようなリスクがあるのか?|とうよせいこついん

例えば足関節の捻挫では放置していて良くなったかに思っていても捻挫が癖になり何度も捻挫を繰り返す事等はよく知られている事と思います。

当院で行っているスポーツ外傷の施術紹介|とうよせいこついん

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。

例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うこと。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

  • とうよせいこついん

診療時間

住所
〒799-1371
愛媛県西条市周布624-3-1
マルナカ東予店斜め前
アクセス
JR予讃線 壬生川駅から徒歩15分
マルナカ東予店斜め前